岡山県唯一 全国自動車大学校・整備専門学校協会(JAMCA)会員校

JAMCA会員

岡自大は県内唯一の
JAMCA(ジャムカ)会員校
そのメリットは?
-advantages-

JAMCA(全国自動車大学校整備専門学校協会)とは、自動車整備課程を有する全国50校の自動車大学校・整備専門学校が、優秀な自動車整備技術者を育成するために必要な情報交換、相互親睦・啓発を行い、教育の改善、充実をはかることを目的に全国的に集結した団体です。

  • メリット1:1級合格率の推移
    なぜ会員校と非会員校でこんなに差があるのでしょうか?一級自動車整備士の国家試験は、実施されてまだ10年が経っていないので、極端に過去問題が少ないのです。そこで協会では一級対策委員会を立ち上げ、全国の会員校から知恵を出し合い、その合格率アップに様々な情報を交換しあいました。
    それぞれの会員校独自に作成した一級対策の問題や、指導法。これらが実を結んだ結果なのです。

    一級自動車整備士登録試験結果の推移[全国集計]
    全国自動車大学校・整備専門学校協会(日整連資料より作成)(単位:人、%)

    筆記試験 平成27年度第2回
    (平成28年3月20日実施)
    平成28年度第2回
    (平成29年3月26日実施)
    平成29年度第2回
    (平成30年3月25日実施)
    平成30年度第2回
    (平成31年3月24日実施)
    受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
    JAMCA会員校 1,000 835 83.5% 1,127 596 52.9% 1,150 637 55.4% 1,264 1,124 88.9%
    非会員校他 447 174 38.9% 418 86 20.6% 723 95 13.14% 610 228 37.4%
  • メリット2:JAMCA(全国自動車大学校・整備専門学校協会)統一模擬試験が受けられる!
    岡自大を含め整備専門学校の卒業生には、国家資格二級自動車整備士資格の実技試験が免除され、卒業後の3月末に国家資格二級自動車整備士資格の学科試験を受験することになります。この国家試験にそなえ、JAMCA(全国自動車大学校・整備専門学校協会)主催の統一模擬試験が実施されます。1年生を対象に三級レベル試験を3月に、2年生を対象に二級レベル試験を1月に行います。全国で約1万数千人が参加します。JAMCA(全国自動車大学校・整備専門学校協会)に加盟している県内唯一の岡自大でも、この全国統一模擬試験の受験が可能です。自分自身のレベルを判断し、学力の向上に役立てることができます。
  • メリット3:JAMCA【中級・上級】ソーシャル検定が取得できる
    JAMCAソーシャル検定とは、社会人として生きる力を身につけるのを目的とし、「専門知識・技術と教養、豊かな人間性を育んだ整備士」を育成・認定するJAMCA独自の資格です。企業の接客マニュアルとの大きな違いは相手が何を望んでいるのかを考えて行動することを重視しています。

    合格者には合格証を発行し、一級または二級自動車整備士の有資格者には申請等によりファーストクラスオートモービルエンジニア等資格認定証が授与されます。
    テキスト
  • メリット4:協会独自の教科書・教材が使用できる!
    整備に関する一般的なテキストは日本整備士連合会が発行していますが、JAMCA会員校はこれにプラスして協会独自の13種類もの解りやすいテキストを使用して学習が出来ます。
    さらに次世代自動車システムハイブリッドおよび車両診断/電気自動車は自動車整備業界では初のハイブリット・電気自動車の専用テキストです。
    テキスト

その他にも全国の会員校教員が集まって行われる教員研修など、学生諸君の夢を実現するために協会は常にその努力を惜しみません。