岡山県唯一 全国自動車大学校・整備専門学校協会(JAMCA)会員校

学長ご挨拶・先生の声

学校長挨拶
-greeting-

誠実さと地道な努力は必ず花開く
~人間性を兼ね備えた真の整備士の育成~

学校長
岡山自動車大学校長
学校長
原田 公徳

時代は21世紀へと移り、現在人の日常の足として活躍する“くるま”もさまざまな新技術の導入など、大きな変革を迎えています。「人そして環境に優しく」が今後の“くるま”の技術革新のキーワードではないでしょうか。
これから求められる自動車整備士は、このような技術的な高度化への対応ももちろん必要ですが、“くるま”が人に優しく変化する時代、自動車整備士の“人”に対する変化、つまり“ユーザー・顧客”に対する変化が必要とされています。
本校では技術進歩への対応のみならず、自動車整備を通じて信頼を得られる「人間性」を重視し、企業・社会に本当に必要とされる自動車整備士の育成を目標としています。

先生の声
-teacher's voice-

佐々本先生
本校は、厳しい中にも親身になった指導により、学生達が素直さを持ちながら人間的にも成長できる点が特徴です。少人数の、学校ならではの学生間のつながりは結束力に富んでおり、また、教員と学生の距離も近く、お互いの立場をわきまえたファミリー感のある点が学生に好評です。卒業後も色々な相談に来校するOBが多いことでも信頼関係が築けている指導ができていると自負しています。
青木先生
各ディーラーで腕を振るわれていたプロフェッショナルによる指導と、技術研修に重きを置き即戦力となるメカニックを育成する、実習重視のカリキュラムを組んでいる点が特徴です。授業や実習のほかにも、自主性を重んじた創造力を養う教育から、心と体、精神力を鍛え、家族の一員として真心を込めた人間形成づくりに力を入れています。
森山先生
「山椒は小つぶでぴりりと辛い」の通り、学校の規模はこじんまりとしていますが、指導内容は堅実で確実なものです。例えば、頭の回転を速めるのに有効な短時間計算を終礼時に行うなど、基礎学力の向上に力を入れています。学校生活における学生の一挙手一投足を細かく見守り、前進したり時には後退したりしながら、実社会に適応できる指導に心がけています。
天野先生
私は岡自大の前身である岡山自動車工業専門学校の第13期卒業生です。 普通科出身の私にとって専門的なことをたくさん学べる学校生活は本当に楽しく、友人もたくさん出来ました。国家資格を取得し自動車ディーラーに就職しましたが、実は就職後に後悔したことがたくさんあります。その中のひとつが「先生のおっしゃることをもっとまじめに聞いておけばよかった」です。岡自大の先生は、現場経験や人生経験から人として本当に大切なことは何か、熱心に教えていただけます。学生時代には実感できなくても社会人となって初めて分かったその大切さ、それを後輩たちに教えてあげたい!私はこの思いを強く持ち、いま、本気で頑張っています!
合田先生
岡自大は、私にとって自動車の知識、社会人になるために必要な挨拶や言葉遣いなど色々なことを教えてくれ、人として成長させてくれた学校です。今度は私が学生に色々と教えてあげる立場です。挨拶や礼儀作法はもちろん、私自身が学生時代に苦手だった電気の計算や、部品の構造・動きなどを少しでも理解しやすいように、実物や色々なものを使って授業をしています。“理解してくれるまでとことん教える”を目標に学生に負けないぐらいの元気でぶつかっていくので、一緒にがんばりましょう!